Let's SUP フィッシング!

6/28 新しいリール導入 ジリオンTW 1516XXH


朝はいい感じで波がありましたね。小生は二日酔いで出遅れたので、ちろっと釣りに。。。

しかし昼ごろから急に南風があがってきて、厳しいコンディション。新しいリールになかなか慣れず、ほとんど釣りにならず。釣果はミニシイラとワカシが一匹。お気に入りのルアー1つロスト。流れが強い日は底物を狙わない方が賢明という教訓。

 

DAIWA ジリオンTW 1516XXH

今まで底釣り用のリールをメインで使っていたのですが、最近はルアー釣りばかりですからもう少しまともに投げれるのが欲しい(そんなに飛ばさなくても釣れるんですけどね)、そして極限まで巻上げスピードが速いのが欲しい、ということでダイワのジリオンTW、エクストラハイギアバージョンを購入。コンパクトサイズでメーター超えの巻上げ量は、自分のような釣りのスタイルには魅力的。

ジリオンTW

ジリオンTW

ネットでは設定がピーキーだとか、ブレーキが全然きかないからバックラしまくりだとか書かれていましたが、使ってみたら、、、その通りでした。。。でも決して使えないリールというわけではないです。

取説にはスプールのあそびが0.2mmぐらいになるまでメカニカルブレーキをしぼって0テンションにしろと書いてあるのだけど、0.2mmって、、、そんなの目測で難しいっす! 私が使ってみた感じ、遊びが無いぐらいにしぼらないと回りすぎちゃって大変なんだけど、そこらへんどうなんでしょう、DAIWAさん。

詰めの調整はメカニカルブレーキ1/10回転ぐらいの微調整が必要になってくるので、たしかに設定はピーキー。投げるときはサミングでカバーできるからたとえチューニングが合ってなくてもバックラしないのだけれど、メカニカルブレーキの締め具合がほんの少しゆるいだけで、ロッドを立てかけてある状態でなにかの拍子にスプールがちょろっと回っただけでバックラする世界。ルアーを付け替えている時にライン少しひっぱったらバックラしてたりする。マグブレーキ本当に効いてるのか??と思って詳しくチェックしてみたら一応効いてる。でもかなりビミョーだよなぁ。。しかも20段階も必要なのか?と、思ってしまうが、自分も腕を上げて違いがわかる男になりたい。心得:道具のせいにしてはいかん。

今まで使っていたのとは次元の違う超スムースな回転には感心したけど、設定がもうちょっと簡単だといいなあ。あと、取説にチューニングの仕方をもうちょっとわかりやすく書いてあるといいんだけど(読み返すと必要な情報は確かに書いてあるんだけど、最新鋭リール初心者には大事なキモというかコツのところがわかりにくいというか。。。)。

結局どうしたらいいかというと、あまり0.2mmにこだわらずメカニカルブレーキを一旦キーキーいうぐらい締めてから、じょじょにゆるめて最適ポイントを探す。そうするとかなり快適になります。

確実さを求めるなら、移動するときなど投げる以外の動作をするときはメカニカルブレーキを閉めこんじゃう。で、使うときまたゆるめる。これが面倒だけど一番確実。特にSUPの場合、なにかの拍子にラインが出ちゃうことが多々あるので。

巻のシルキーさと、飛距離そして、巻き上げスピードについてはスバラシ〜。剛性はまだ大物あげてないからわからないけど見た感じ充分に頑丈そう。ルアーが落ちていく時のラインの出もよどみなくいい感じで底も取りやすそうです。慣れればかなり戦力アップになるかな?ベイトリール初心者にはおすすめしかねるけど、ステップアップの際には値段相応のよくできたリールだと思います。


 

2015/11/24 追記:

半年ぐらい使ってみての感想。

ある程度使い込むと、セッティングもきまるし、ラインがぽろぽろ出まくるようなこともなくなります(ある意味すべりが悪くなってるのだろうけど。。。)。

メカニカルブレーキの部分は外してしまうと、再度取り付けてから最適ポイントを探すのが面倒なのでほとんど清掃していないのがちょっと心配~~;

とりま、海外釣行でも大活躍でいい感じです!

 

 

【アウトドア&スポーツ ナチュラム】


-- スポンサーリンク --


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です