Let's SUP フィッシング!

SUPフィッシングってどんなのなの?


もともとは波乗りができないときの暇つぶしと、酒の肴調達のために始めたものですが、これはこれでオモムキというかダイゴミがあるのです。

基本的にはシーカヤックやボートによる釣りと大差ないですが、シーカヤックと比べると体や道具が固定されていない分、体や道具のとりまわしの自由度がより高いです。機動性は存外高いので、サーフ近くから、かなりオフショアまで魚種を問わず遊べます。一方で、ボードの大きさにもよりますが、不安定でもあります。

船と比較すると、持ち運びができるので簡単にビーチから出動できます。しかし持っていける道具に限りがあるので、いろいろと工夫しなければなりません。そして、やはり不安定です。

この不安定さが面白さでもあったりします。ゆらゆら揺れるボードに乗って水面と同じ高さで釣りをしていますから、ランカーサイズのシーバスや大きな青物がかかった日には魚と肉弾戦になります。ボードの上で血まみれになって原始の人類に戻れます。油断するとひっくり返ってタックルが塩漬けになったり、ラインが体にがんじがらめになって、ちょっと危険な目にあったり。安全な船の上から釣っているのと比べて放出アドレナリン量3倍増です。

持っていける道具が少ないということは頭を使うということです。意外とインテリな原始人です。

そしてこれは私にとって大事なことですが、半分水に浸かっているせいか自然と一体感ありの、ストレスフリーなのであります。鳥山を一生懸命パドルして追いかけて、暑くなったら水に飛び込んで……。乗り合いの釣り船みたいに、時間やルールにしばられているのとは違う自由があるから楽しいね〜。

 

SUPフィッシングの季節:

私の場合、ボードの上に腰掛けて釣るスタイルなので、常に足が水に浸かった状態になります。また体もサーフィンやパドルしているときほど動かさないので冬は冷えます。したがって冬場は特に手足が寒さで危険なことになります。真冬のSUP釣りは真冬のサーフィン並の気合が必要かも。

sup fishing


-- スポンサーリンク --


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です