Let's SUP フィッシング!

SUPフィッシングで使うボードについて


SUP釣りで使うボードはどんなのが良いのか?

SUPはもともと釣りの道具ではありませんから、サーファーの波のないときの余暇であったり、カヤックの持ち運びや艤装が面倒な人から移行がメインでした。

したがって必ずしもSUPは釣りに適したツールではないのですが、最近は手軽な道具で沖に出て釣れることから、SUP釣りに興味を持つ人も多く、釣り専用のSUPボードも各社から出てきています。釣り専SUPは、道具もたくさん積めるし、バランスを崩してひっくりかえることもほぼありませんが(立って釣ることも余裕で可能)、もうほとんど船じゃないかという大きさです。

これはSUP本来の機動性をある程度犠牲にしていますし、当然波乗りなんかできません。したがって自分の目的や状況に応じてボードの選択をおこなうべきです。そういった状況は人によって千差万別ですから、役に立つかどうかわかりませんが、ちょっとしたタイプわけをしてみました。

  • サーフィンもやるぜ!
    サーフボードタイプで頑張るか、もう一枚釣り用を買う。ただこのクラスの人たちは海に落っこちるのは苦じゃないし、基本エクストリーム系なので、ちっさいボードでシーラにぶんぶん振り回されたりするとコーフンします。あと、、もう一枚買うお金があったらきっとサーフボードタイプを買います。
  • スポーツは苦手だ。楽して沖で釣りたい。海から遠くに住んでいてボードを置く場所がない。
    大き目のインフレータブル。空気をいれるからといって、軽いと勘違いしているひとがいますが、ハードボードタイプとおなじぐらいの重さはあります。
  • 置く場所はある。車を持ってるor海から近い。とにかく面倒くさいのが嫌い。
    大き目のハードボード。インフレータブルみたいにふくらましたりたたんだりしなくてよいので楽ちんです。
  • 魚のいるポイントはわりと近い。とにかく釣りだ釣り釣り!
    釣り専SUP。ガチの釣り専SUPは一般的にでかい、重い、高いです。かならず店舗で確認しましょう。このクラスのひとはボードではなくボートを買った方がいいかも。
  • 漕ぐの大好き、ついでに釣りもできたらいいかも
    レース艇。ガチ漕ぎでトローリングがおすすめ。お散歩のついでに魚が釣れるなんて幸せ!
  • 魚がいるポイントまで数キロある
    レース艇。または直進安定性の高いクルーズ艇。行ってこいの時間の短縮と、強風時の突破力が鍵。
  • 腰痛持ち/立って釣りがしたい
    大き目のボード。サーフボードタイプは不安定なのでボードにじかに座ってじゃないと釣れませんので、腰痛もちには長時間無理です。立って釣れるぐらいの大きいボードにしましょう。
  • 実は泳げない
    かなり幅広なボード。ないし釣り専SUP。ひっくり返らないのが一番。ライジャケ着用、リーシュコードもちゃんとしましょう。
  • 子供とか犬とかつれてくよ。
    大きいボード。タンデム用のボード。ハードボードの方がよいと思う(子供や犬がうっかり穴をあけちゃったり、無いとはいえない)。

 

大き目のボードといっていいるのは、主に幅と厚さ、そして体積(リッター)のことをいっています。幅は30インチ以上あれば大きいものに入ります。立って釣るならもう少し広い方がいいかも。ただし、どの程度のボードでどれくらい安定するかは、その人の体重やボードの体積も深く関係しますから、試乗して確認することが重要です。

逆に幅広のボードはボードを股に挟んで座って釣るのが難しいです(幅が広すぎて股がさけてしまうw)。もちろんあぐらをかいたり、体育座りは可能ですが、腰に負担がかかりやすいです。釣り専SUPぐらいになると超安定しているので、椅子を持ち込んだり、クーラーボックスを椅子がわりに使うこともできます。こうなると釣り的にはだいぶ楽ですね!

それから持った時の重さも意外と重要。軽いボードは7㎏とかですが、重いものは30kgもあります。重いボードは海からあがって、海岸から駐車場までのほんの数十メートルでさえ。。。とても辛いです。これも店頭で持って確認することが重要です。

 

※2016年6月19日加筆修正。

※本ブログではサーフボードタイプのSUPでの釣りについて書いていきます。

 


-- スポンサーリンク --


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です