Let's SUP フィッシング!

2017/02/05 Deeper pro使ってみた(その2 実釣編)


昨日はマップ作りで終わってしまいましたが、今日は実釣編です。

天気も下り坂ということもあるので、手漕ぎボートで出動。手漕ぎボートの船べりもRがかかっていてフレキシブルアームの万力が取り付けにくい。昨日と同じようにクーラーのハンドルに取り付ける。

それではソナー画像をばんばんはって検証していきます。

 

ソナー画像の検証

今日はLTコマセなんですが、仕掛けを落とすとこんな感じに映ります。コマセワークもしっかり映り、まかれていくコマセまでよく見える。ただ、フィッシュマークをオンにしているとコマセも天秤も魚に判定するので、二人でコマセふってると、もうなにがなんだかよくわからなくなる。少し慣れたらフィッシュマークは使わない方がいいかもしれない。あとは感度の調整でなんとかするのかな?

仕掛けをおとす

仕掛けを落としてかごをふる。その下に小魚がうろちょろしているのがわかる。

 

仕掛けなのか魚なのか?

仕掛けなのか魚なのか!??なんだかよくわからないw

じゃあ、本物の魚はどういうふうにうつるかというと、こんなふうに映ります(おそらく20~30㎝台のメジナ・イシダイの群れ)。ソナー画像だとよく傘型に魚影が表示されますが、deeperだとこんな感じ。これは移動中にとらえたものなので、しばらくするとシュッといなくなるけれど、アンカーうってコマセまいていると上の画像のようにぐにゃぐにゃの線になって画面にずっといついている感じになります。今日はほかに大きな魚に出会わなかったのでわからんけど、大きいのがくるとどんな風に映るか楽しみ。

魚影

Deeperにうつる魚影

移動していると、ときどきモヤモヤがどばっとやってきて全部魚に認識される。これは小魚の群れなのか、ノイズなのか、なんなのか?魚探は詳しくないからよくわからない。教えて偉い人。

謎の魚影

謎の魚影

歴史あるメジャーメーカーほどには物体や魚種の判別処理はこなれてないようだが、普通の魚探と違ってソフトウェアアップデートで簡単にアプデできるからアルゴリズムが改善されれば近い将来ソナー画像がもっとわかりやすくなったり、フィッシュマークが正確に出るようになることは期待できますね。ソナーのrawデータを取得できるAPIでも公開してくれれば、自分で作るのにな(わりと得意分野)。

 

近くを船が通るとノイズが入る(たぶんソナーが干渉しているのだろう)。画面全体が藻場になってしまった。

他の船のノイズ

他の船のノイズ

 

90kHzと290kHzの2周波が使える。90kHzの方がワイドにざっくり探索できる。以下の画像が90→290→90→290kHzと変えながら探査したものだ。90の方が広くとれるせいか水深のデータがアヤシイ。マップ作製をするときは290に設定しておいたほうがよさそうだ。

周波数による違い

周波数による違い

なんにせよ、魚探としての性能は充分に使えるレベルだと思うし、価格性能比が半端ない。あとは使う人次第だね!

 

データ管理とデータ量

機能はマップ作製、今日はあまり移動せず、そのかわりスマホの充電が切れるまで釣りをしました。

履歴画面で見ると、二つのデーターは別々の記録として保存されていますが、マップデータは適当にマージされていく。同じポイントを複数回釣行すると、マップが自動で拡張したりマップ精度もあがるようになっている。このへんはとてもうまくできているのだが、問題はデータ量・・・。昨日が70MB、今日は225MBもある。これはソナーデータがすべて記録されているからだ。釣りに行けば行くほどガンガンメモリを埋めていってしまう。かといってデータを削除すればそのときの地図データも消えてしまうと思われる。

地図情報だけ切り分け保存してデータ量を小さくできるように今後のアップデートに期待したい。

 

バッテリーの減り

バックグラウンドで別のアプリを起動しいたせいもあるが、スマホのバッテリーが異常に減る。画面つけっぱなしで常時稼働でしたが、4000mAhのバッテリーが4時間もたずにDeeperより先にこと切れてしまった。スマホには予備バッテリーが必要。

Deeperの方は記録によると3時間40分稼働で残り20%ぐらいあったので、4時間半ぐらいもちそうだ。まる一日釣るなら2個必要かなw

 

気づいたこと

釣ってみて思ったのだけど、インターフェイスがスマホのせいかスマホゲーをやっているような感覚。竿先みないで画面ばっかりみている。いい悪いの話ではないのだけれど、いつもの釣りとは趣が違ってすごいインドアな感じに。自動車でいうとテスラ的なカルチャーショックを受けました。

あとはやっぱり友達とマップをシェアしたい。みんなで作ったデータを合体させることができたりすると超便利になる。メーカーさんたのんますー!(google driveのデータをやりとりすればできそうだけれど、データ量がやっぱり・・・。appleユーザーはどうにもならないし。)

 

本日の釣果

釣果

根魚系なので地図さえ持ってれば我らの技量だと魚探あってもなくても釣果はあんまり変わらないネ~o~

しかしDeeperのいいところは地図なきところに道が開けることなのだ。次はどこに行こうかのう・・・。


-- スポンサーリンク --


2 thoughts on “2017/02/05 Deeper pro使ってみた(その2 実釣編)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です