Let's SUP フィッシング!

2016/9/25 懲りずに一つテンヤ


7時開始、11時終了。

曇り後晴れ、北東の風4m、長潮:干潮5時、満潮12時半。

あがるころには夏模様に。

あがるころには夏模様に。

9月は台風もよく来たし、いろいろあってしばらくぶりの釣り。今日は長丁場で頑張るぞ。

葉山ではカワハギが絶好調。青物もまだまだ釣れてる。なんにしようか迷ったあげく懲りずに一つテンヤに挑戦。なぜなら休んでいる間にテンヤ竿を買ってしまったからだ~o~; とにかく鯛を、、、鯛を釣らせてくれ・・・。

朝方、まだ風は強いが徐々に収まる予報。北風に乗ってナジマへ。ベテラン風なSUP釣り師さんがいい感じの場所にアンカリングして竿をたれている。

僕の方は一つテンヤなので、シーアンカーで流して釣るが、今日は風向きと潮の流れが同調しているせいか、効きがすこぶる悪い。風が収まることを期待して釣り始める。

魚探は持ってこなかったが、詳細な海図をスマホにいれてきたから、ポイントはメートル単位で正確にわかる。狙ったポイントの上をひたすら行ったり来たりする。いつでも脳内シミュレーションだけは完璧であるが釣果がともなうかというと現実はキビシイのである。

今日は風が収まる予測で3号テンヤのラインナップを揃えてきたが、今日の潮流だと5号じゃないと厳しいようだ。5号はあんまり持っていないのヨ。。。あてがはずれちゃったな。ナジマ周辺における普通のテンヤの問題点はハリがでかいということだ。もちろん大物もいるんだけど、たいていは30cm以下のが多い。こいつらが食うにはどう考えてもハリがでかいのだ。小さいの釣ってどうすんだ?っていうのはあるのだが、まずは釣らないと経験値が貯まらない。小さくても釣る。これが当面の目標。

だが、ないものはしょうがない。5号テンヤを投入して様子を見る。狙っているポイントは25mから15mぐらいに一気にかけあがっているようなところである。25m以深は砂地である。ここらへんを絨毯爆撃していれば、カサゴ、メジナ、イシダイ、黒鯛、マダイ、水深によっいろんなお魚がいることは事前調査済みである。

 

例によって魚信はある。そしてエビをとられる修行。

この歯形は・・・

この歯形は・・・

あー、、、このエビの頭についた丸い歯型はグーフー・・・。

 

頭と胴の中身だけきれいに食べられる

頭と胴の中身だけきれいに食べられる

岩場の方で底を取るタイミングをミスると、あっという間にカワハギにやられる。殻だけきれいに残して器用に喰うよな、ホント。

 

岩場は消耗戦になるので、深場の方に移動してみる。エビを取られる確率は格段に下がったが、アタリもない。

タナを下げるとなにかがヒット!あげてみると25cmぐらいのエソでした(写真を取る前に逃げられた)。この辺にしてはでかい。エソがいるっちゅーことはポイントがずれとるな。

また、岩場に戻り棚をあげてみる・・・。なんも釣れんゾ。

深場に流されてなにかヒット。おお、このただモッサリとしたヒキはホウボウ氏。アーっとしかし痛恨のバラし。ホウボウが釣れるということはまたポイントからずれている。

ぐぬぬぬぬ・・・難しい・・・。とても難しい・・・・。この海域でも一つテンヤをやってる人はたまにいるみたいだが調査した限り良く釣れるというわけではなさそうだ。釣り場とメソッドが合ってないというのはあるかもしれん。魚にも文化があってここはコマセ文化なのだろうか。同じ魚なのに不思議よねー。

自分でいろいろ試して解を探すのは性に合ってるけど、こうも釣れないとなるとしょんぼりする。結局ケツが痛くなるまで4時間頑張ったが、風も落ちないし釣れそうな手掛かりすら得られなかった。うーむ、どうしたものかのう。手堅く釣るにはアンカリングして付けエサなんだよな。鉄板はやはりコマセか。

今日の手漕ぎボート軍団はカワハギ・青物大漁だった様子で、完敗はおれっちだけか・・・。次回はカワハギでも釣って気分を変えよう。

 


-- スポンサーリンク --


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です