Let's SUP フィッシング!

2016/6/18 ミニカマス、ワカシx2ばらし、からーの波乗りできず(T_T)


晴天、微風。大潮、干潮9時41分。

6時開始、途中寄り道して9時終了。

 

久しぶりの海。天気いいじゃんよ!波もちょいある。O崎を眺めていると10分に一度そこそこのセットは入ってくるが週末だし早朝から混んでいる。どーしよーかなー。。。とりあえず、釣りしながら考えよう。

ということでタックル持って出発。

O崎の様子をチラチラ見ながら投げているとちいさいカマスゲット。リリースサイズだが目に刺さっていたので、持ち帰って食べることにする。ここで釣れるカマスはとてもうまいのだ。

ミニカマス

ミニカマス。焼くとおいしいよ。

もう波の様子が気になって仕方がない。。。ずっとチラ見しているからバックラしまくる。だいたいこんな日に釣りしてるサッパーなんか誰もいないじゃんよ。

うわのそらの中、ワカシを2本掛けるも、ランディングでばらしてしまう。一気に抜いてしまえばばらしも少なくスマートなのだが、僕の狭いボードではこれがなかなか難しい。

そこで僕の場合、ドラグをゆるゆるにして小魚をいたぶってから回収するのだが、今日は対シーラ戦を想定してバリ硬ロッドにドラグぎゅーぎゅーにしてあったのがまずかった。考えればわかることなのだが波が気になりすぎて知恵がまわらない。なんか俺調子わるくね?とかふてくされる。

そうこうするうちにセットが大きくなってチョー楽しそう。これは辛抱ならん。サーフィンモードに移行すべく、いつもタックルを置いている洞窟に向かう。

が、しかし、今日は大潮でこれから干潮だったのだ。洞窟手前10mまで来て、底がもう出そうである。リーフブーツ履いてないし、今タックルを置いてきてしまうとあとで回収が不可能だ。。。。ぐぬぬぬ、、、surfersに置いてあとで陸から取りに来る手もあるが、それも面倒。

晴天の下、メローなセット・・・仕方ない・・・天国を目の前にして涙の撤退。はたから見たら、でかいたも網とクーラーもってリーフに突っ込んで座礁しているあのひとはいったいなんなのだろう?という感じである。しかしこのパターンは予想してなかったなー。また一つ学習した。

とぼとぼと釣り場に戻り再び投げ始めるも、潮が下げきってきてお魚さんたちのハッピーアワーも終了。

 

ビーチまで戻ると、すねぐらいのきれいな波がたってる。わーーい!ャッタ─ヽ(*´v`*)ノ─ァァ!!波乗り楽しいなぁーー(小並感

 

今日の感想:どっちつかずはよくないがどっちもやりたい。

 


-- スポンサーリンク --


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です