Let's SUP フィッシング!

2016/1/31 一つテンヤに挑戦


小潮、曇り、べた凪、ほぼ無風、透明度、先週より若干回復。

10時開始11時半終了。

予報では北風が少々強いはずでしたが、風速計をチェックすると無風。9時半が満潮なので、あわてて冷凍エビを解凍。念のため”エビシャキ”に漬ける。これ、すごいニンニク臭いね。かかったらやばそう。コマセ汁とならんで第一級危険汁に認定スル。

テンヤ装備一式を携えてナジマへ急行。一つテンヤはスピニングを使うらしいので久しぶりにスピニングリールのタックルを用意した。ロッドはルアー号数と用意したテンヤの重さが丁度合っているのがあったので、手持ちのシーバスロッドにした。


 

ナジマのまわりにはベテランの手漕ぎボート勢が勢ぞろいして、それぞれいつもの自分のポイントにおさまっている。

前回ボートでマダイを釣ったあたりに到着。シーアンカーも必須らしいので用意したのだが、今日は風はないし、潮の流れもそれほどではないので、パラシュートがほとんど開かない。これじゃ効いてんだか効いてないんだかよくわからん。流れは遅いからテンヤの練習にはもってこいではある。

水深は25mぐらいなので、3号にエビちゃんをつけて投入。まっすぐ落ちていくが、底をとるのが難しいなぁ。とにかく練習練習。

そうこうしているうちに若干潮の流れが速くなってきたので5号に交換。

根がかりもしばしばするのだが、SUPを少しこぎこぎして反対側にまわれば外れる。

YouTubeの見よう見まねで、適当にしゃくっていると、時々コツコツあたりがある。合わせてもなんにもおきないので、あげてみるとエビの頭だけとられている。孫針にかからないところと、アタリ具合から察するにカワハギかウマズラだろう(あとで葉山のボート屋さんの情報を見たら今日はカワハギが結構釣れていたようだ)。

そんなに長時間釣らないから、と、エビをひとつかみ持ってきたのだが(数えたら8尾あった)、油断しているとどんどん頭だけ取られてしまう。次回はもっと持ってこないとだめだな。

エビちゃんのアタマ取られまくる。

エビちゃんのアタマ取られまくる。

あと、針をつけるときに油断をすると頭の関節をぽきっといってしまって、いきなり使い物にならなくなってしまう。餌取りのアタリに瞬時に反応してもアタマが分離してしまう。おもいっきりしゃくるとアタマが外れてしまう。とにかくアタマは喰われるか外れるかどっちかだ。買ったエビがイマイチだったのかもしれないがアタマを長持ちさせるのは重要なテクニックのようだ

餌取りにやられてしまうのも難しい問題だ。エビを動かさないでいるとすぐとられてしまう。かといって、ぽいぽい動かしていると、それはそれで釣れる気がしない。そもそも底をとってからすばやくしゃくるのはなかなか難しいのだ。

だいたいナジマみたいなお魚密集地帯では、底をとってたら勝負にならないんじゃないかなぁ。。。今日は初めてだし、底とってそのまま釣ってたけど、もう少し上の棚で狙った方がいいかもしれない。そんなこんなが次回の検討課題。


 

シーンとした海で無念無想でただひたすらルアーを投げまくるよりは、外道だとしてもアタリがあるのはちょっとテンションあがるよね。今日はべた凪だったからよかったけど、風浪があるとどうなるのかな??

エビ、たくさん残ってるし、もう少し続けてみるぜよ。

 


-- スポンサーリンク --


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です