Let's SUP フィッシング!

2016/1/23 釣果:マダイ&カレイ(手漕ぎボートLTコマセ)


IMG_2217

7時半~14時半。大潮、曇り。北東の風2~3m。水やや濁り。

災害レベルの寒気が来ているというのに、なんで釣りしちゃうの?もー変態。

とにかく今日は先輩と約束しておったので葉山の手漕ぎボートでLTコマセでマダイを狙うであります。

いずれはSUPでマダイ釣りたいなーと思いつつも、まずはなんでもいいからポイントと技術を習得して実績を積んでおかねばならない。この時期、島まわりでマダイを釣るにはLTコマセが順当である。

当然早朝から出るわけですが、どう考えても寒い。ウェットを着るのが一番無難なんだけど、船上に8時間いるとするとおしっこが心配である。ウェットを着てしまうと、うかつにおしっこができない。おしっこをするには手漕ぎボートの上で全裸になるか海に飛び込むしかない。どっちも嫌である。もちろん一旦おかに上がるという手もあるのだが、時間を惜しむ我々にそのような選択肢は存在しない。そうなると着ていくものがないので、スノボのウェアを着て釣りに行くことにした。ウェアが大変コマセ臭くなった。

とにもかくにも出航。無駄に厚着してるせいか、それほど寒くない。10時ごろ下げいっぱいなので、その前後で一発狙い。

先輩ナビでテゴ沖のポイントにアンカー打って、戦闘開始。

9時過ぎにわりと引きの強い魚がヒット。1mのクッション使ってるせいか当たりはよくわからないんだけど、ニューーーっと持っていかれる。細ハリスなので、ドラグ緩めにして引き上げるが、最後のハリスを手繰るときのドキドキ感がハンパない。今日は8mのセッティングだから、慣れない私的にはミッションインポッシブル感で脳汁が出てしまう。そしてマダイの魚体が見えたときの緊張感はもうやばいっす。そんな感じでアヘアヘしながらマダイ(1.16kg/43cm)をゲット!

(ちなみにここいらへんのローカルルールでは60cmを超えないとあまり評価されない。遠い目。。。)

マダイ 1.16kg / 43cm

マダイ 1.16kg / 43cm

その後は、ホシザメが2匹とカレイ(32cm)が1匹。ホシザメはマダイが釣れてなかったら持って帰って喰ってしまったところだが、タイがあるからリリース。タイで興奮してカレイの写真撮るの忘れたなぁ。。。

下げから上げに変わってからはすっかりアタリが減ってしまった。ポイントをいくつか移動するも渋い感じ。水温が急に下がったせいでベテラン勢も苦戦するほどみなさんしぶしぶな日のようでした。

結局、貸しボート屋さんの今日のマダイトップは私だったようです。たまたまかもしれないけど念願のマダイ釣れてよかった~(涙

 

IMG_2228

マダイは刺身と昆布締め、あら汁。カレイは煮つけで大変おいしくいただきました。ていうかめちゃくちゃ美味い。タイは脂乗ってるし、カレイは身は硬いのだけれど、味わい深い。魚やで売ってるのとは全然違うぜよ。

 

さて、コマセで島までいけばいろいろ釣れることはわかったのだが、SUPでどうやっつけるか。。。まだ解決策の見えない悩みでございます。。。

 

#今日の発見:マダイには青いマユゲのような模様があってかわいい。


-- スポンサーリンク --


2 thoughts on “2016/1/23 釣果:マダイ&カレイ(手漕ぎボートLTコマセ)

  1. K

    めでタイっすなあ!
    SUPの機動力を考えたら次は是非一つテンヤで攻略してほしいです。
    仕掛けがシンプルで逆に流して広域に探らないといかないようだから相性いい気がします。エサだからタイラバほど渋くなさそうだし。
    あの潰れそうな釣りエサ屋で活きエビが手に入れば

    1. fukufuku Post author

      そうですね!装備の簡便さからいってもテンヤは良さそうですね。
      水も濁ってきているので浅場でも釣りやすくなってきているはずです。
      活海老は扱いがよくわからないので、とりあえず冷凍エビでやってみましょうかね(SUPでブクブク持っていくわけにもいかないしw)。
      あそこの釣りエサ店は、、、どうなんだろう。今度チェックしてみます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です