Let's SUP フィッシング!

12/26 ほうぼう釣れた


11時開始、14時終了。

今日は昼ごろに北風から南風に変わる予報。その瞬間凪になる。約1ヶ月釣ってないので、ここはなんとかして出たい。

しかし潮汐は11時頃ひきいっぱいなので、ちょうど凪のころ潮だるみになる計算だ。

考えた末、11時頃から出立。南風に変わる前のあげっぱなを狙う。

 

とりあえず逗子湾沖に出るが、定置網がびみょーなところに設置してあってやりにくい。風も予想より早く南が強くなってきた。

そうこうするうちに根掛かりして久しぶりにルアーをロスト。その後もロストはしないものの何度か根掛かりして、ちょっとテンション盛り下がりっス。しかも透明度抜群で魚がいなそうな雰囲気がひしひしと伝わってくる。

帰っちゃおうかな〜と思いつつも、久しぶりの釣りだし、逆風の中、名島まで行くことに。名島まで行けばボートコマセ軍団が魚を集めてるだろうから、なんにもいないってことはないはずだ。


 

小一時間しこしこ漕いで名島に移動。

ルアーを投げると、魚が反応する!しかし驚いて跳ねてるだけで、食う気はなさそう。おそらくイナダ・ワラサなんだけど、やっぱりこの季節ルアーだとちと厳しい。いろいろ試すがやっぱり喰ってこない。

それよりも南風が強くなって、ポイントに留まるのがつらい。風向き的には丁度帰る方向に吹いているので、そのまま釣り続けて自然に流されるまま帰ることにする。

流されはじめてしばらくすると、普段はなんにも釣れない砂漠地帯でホウボウをゲット。続けて一緒に釣っていた友人も同サイズをゲット。

ここらへんの海域は遠浅で水深が20mもないので大きいホウボウは見たことがない。30cmオーバーはわりと良型なんじゃないだろうか。

 

ホウボウ 31cm

ホウボウ 31cm

2人で同型2本

2人で同型2本。ホウボウって群れているイメージないけど、そうでもないのかな?

 

カサゴとかホウボウとかは暴れないしそこそこ生命力があるので、いきたまま持って帰ることにする。クーラーボックスのなかでずーっとブーブー鳴いて激オコしている。あとで考えたけれど、あの音ってかなりの音量、なおかつ低周波で遠くまで届くから、警戒音になって魚をちらしてしまったかもしれない。

持って帰ると家でもブーブー鳴いて待遇の改善を訴えている。

それを見て家族が可哀想だとか私を責めるのだが、刺し身にしてしまったらうまそうに喰ってしまった。いったいなんなのだろうか。


 

調べたら浮袋なども食べれるらしい。生は少々抵抗があるので、アラ汁に入れて食べてみた。30cmクラスだと浮袋といっても小さいので、あまり堪能はできなかったが、まぁ食感を楽しむ珍味の部類だろうなぁ。

それにしても今の時期が旬なので身はとても美味しい。


-- スポンサーリンク --


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です