Let's SUP フィッシング!

SUPでのキャスティングの仕方

SUPでルアーやちょい投げをするときの、ちょっとしたコツ。

姿勢:

SUPからルアーなどをキャスティングする際、まず立ってやるのか座ってやるのか、というのがある。

もちろん立って投げた方がパワーは出るのだけれど、投げる瞬間不安定な状態になる。その瞬間に後ろから引き波でも来たらコケます。リールの水没はなるべく避けたいですよね。自分はサーフィンと兼用のボードを使っているので、立ってキャスティングすることは基本しません。ボードの種類によっては非常に安定したものもあるので、そういうボードを使うならば問題ないかもしれない。……

- スポンサーリンク -

SUPフィッシングで使うボードについて

SUPフィッシングで使うボードについて

SUP釣りで使うボードはどんなのが良いのか?

SUPはもともと釣りの道具ではありませんから、サーファーの波のないときの余暇であったり、カヤックの持ち運びや艤装が面倒な人から移行がメインでした。

したがって必ずしもSUPは釣りに適したツールではないのですが、最近は手軽な道具で沖に出て釣れることから、SUP釣りに興味を持つ人も多く、釣り専用のSUPボードも各社から出てきています。釣り専SUPは、道具もたくさん積めるし、バランスを崩してひっくりかえることもほぼありませんが(立って釣ることも余裕で可能)、もうほとんど船じゃないかという大きさです。

これはSUP本来の機動性をある程度犠牲にしていますし、当然波乗りなんかできません。したがって自分の目的や状況に応じてボードの選択をおこなうべきです。そういった状況は人によって千差万別ですから、役に立つかどうかわかりませんが、ちょっとしたタイプわけをしてみました。

- スポンサーリンク -

SUPフィッシングの道具(小物編)

SUPフィッシングの道具(小物編)

SUPフィッシングで使う小道具のご紹介です。

クーラーボックス:

ボードにのっかる最大なものを持っていくようにしています。大物が釣れた場合、とりあえずなんでもいいからハコにぶちこんでおとなしくさせる必要があります。これがないと釣り上げた直後、平たいボードの上で魚と格闘することになります。あっちも命懸けですからだいたい無傷ではすみません。結局クーラーボックスには収まらずストリンガーで引っ掛けて帰ることになったりするのですが、保存のためだけではなく役に立ちます。そういう意味では、大物狙いのときは、なにかハコがあればいいとも言えます(時々、買い物カゴを乗せて釣ってる人を見かけますが、あれだと魚がいたんじゃいそうで心配です)。

それから、クーラーボックスにちょっと工作をして竿を立てかけられるようにしておくと大変便利です。餌つけや仕掛け交換の際にロッドを寝かせてしまうとリールが潮をかぶる危険性が高くなりますから、常にたてておくことが重要です。取り込みの際にも、ロッドとリールとタモで手が足りなくなりますから立てかけられるとリールをいためません。また、ポイントを移動する際にクーラーボックスを前に置いておくと、防波堤の役割をして、道具の潮かぶりを防ぎます。……

- スポンサーリンク -

SUPフィッシングの道具(タックル編)

SUPフィッシングの道具(タックル編)

ロッド:

長いロッドは持ち運びも取り回しも不便なのでおすすめしません。長くて6ftでしょうか。最初は120cmぐらいのおもちゃ竿(リールとセットで3,000円ぐらいで売っているやつ)か、アオリイカ船釣用の短いロッドがおすすめです。

特に取り込みの際に自分の体のきわまで寄せて取り込むことになるので、竿の硬さにもよりますが一般的に長い竿は扱いにくいです。餌や仕掛けの交換の際も短い方が扱いやすいでしょう。一番困るのはライントラブルです。もし1ピースの長いロッドの先端の方でトラブルが起きたりしたら非常に困ったことになります。短いロッドには遠投に向いていないなどのデメリットもありますが、沖で釣る場合は20mも飛べば充分遊べるので、 最初は問題はないです。

取り込みの際は、海面と同じ高さで座っているという姿勢から、どうしてもロッドを立てて踏ん張りつつ魚を引き寄せることになります。釣る魚の大きさやロッドパワーと長さによって取り込みのやりやすさが変わってきます。自分の目的に合ったロッドはとっかえひっかえしながら、探していくしかなさそうです。……

- スポンサーリンク -

SUPフィッシングってどんなのなの?

SUPフィッシングってどんなのなの?

もともとは波乗りができないときの暇つぶしと、酒の肴調達のために始めたものですが、これはこれでオモムキというかダイゴミがあるのです。

基本的にはシーカヤックやボートによる釣りと大差ないですが、シーカヤックと比べると体や道具が固定されていない分、体や道具のとりまわしの自由度がより高いです。機動性は存外高いので、サーフ近くから、かなりオフショアまで魚種を問わず遊べます。一方で、ボードの大きさにもよりますが、不安定でもあります。

船と比較すると、持ち運びができるので簡単にビーチから出動できます。しかし持っていける道具に限りがあるので、いろいろと工夫しなければなりません。そして、やはり不安定です。

この不安定さが面白さでもあったりします。ゆらゆら揺れるボードに乗って水面と同じ高さで釣りをしていますから、ランカーサイズのシーバスや大きな青物がかかった日には魚と肉弾戦になります。ボードの上で血まみれになって原始の人類に戻れます。油断するとひっくり返ってタックルが塩漬けになります。安全な船の上から釣っているのと比べて放出アドレナリン量3倍増です。

持っていける道具が少ないということは頭を使うということです。意外とインテリな原始人です。

そしてこれは私にとって大事なことですが、半分水に浸かっているので自然と一体感があります。釣れなくても気持ちがよいです。ストレスの多い現代人、癒されるのです。

Let’s SUP Fishing!

Let’s SUP Fishing!

当ブログでは、SUP(Stand Up Paddle・スタンドアップパドル)を使った釣りについての情報発信していきます。

自分はもともと波乗りのためにSUPを始めましたが、波がない日はサーフィンはできません。そんな時、波のないおだやかな海でどうしたもんかなー。。。そうだ釣りをしよー。と、いうことで、先輩に習ってまずはキス釣りから始めました。

波があればサーフィンをし、風が吹いたら陸でビール。雨が降ったら家でのんびり。波も風もない凪いだ週末の朝だけ釣りをします。

そんなわけで、どっぷりな釣り人ではありませんが、最近大物も釣れるようになってきたので、ぼちぼち記録をのこしてまいります。